読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)@Yangon

ミャンマー

ヤンゴン文化遺産になっている建物が多いスーレーパゴダの東側にある、このラングーン・ティーハウスは、まるでアメリカやヨーロッパ、日本なら都内にありそうな洗練されたカフェで、とても綺麗なお店です。

 

エントランスから美しい

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

今まで出てきた路上の屋台とはうってかわって、今どきっぽいカフェもあります。

最近は外国人向けのお店も増えてきています。

こういったキレイなお店にはTシャツとロンジー(ミャンマーの巻きスカート)のお客さんはいませんね。。。

 

内装・インテリアは統一感アリ!

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

ここへは1月1日に行ったので、ケーキのショーケースの上には「HAPPY NEW YEAR」の文字。

 

テーブル上には英語のメニュー

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

テーブルの上に置かれているメニューはほぼ英語。

これでわかる通り、現地の人をターゲットにしたお店ではありません。

着席するとすぐに「お通し」のように出てくるポテトチップス。これがとても美味しい。笑

 

ミャンマー人の愛する甘いミルクティー「ラペイエ」

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

同じグラス、同じように入っているミルクティーですが、実はこれ、若干色が違うんですが、「紅茶の濃さ」「ミルクの量」で名称まで違うんです。

紅茶」「エバポレートミルク」「コンデンスミルク」の3層の分量を変えて、お好みの「ラペイエ」になっていきます。

一番ノーマルなのは「ウンマ」と言うらしいです。(全部で16種類にもなるらしいです。笑)

 

私はノーマルなタイプより紅茶を少し濃い目で注文。

もともとミルクティーは好きなのですが、とっても美味しい!マレーシアやシンガポールでもミルクティーはよく飲むし、インドではチャイがあるので、濃いミルクティーを飲む習慣があるので、ミャンマーで飲まれているのも納得ですね。

 

バズンヒン(ဟင်း)

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

こちらが、ビルマ料理の海老のカレー。(メニューでは「KING PRAWN CURRY」)ものすごい肉厚なエビが入っているカレーです。ここのメニューの中でも、少し高めな価格だったのも納得なエビが入っていました。

ミャンマーのカレーを「ヒン(ဟင်း)」というらしいです。

スープや野菜、パクチー、辛味を調整する薬味みたいなものもついてきます。

 

ミャンマービリヤニ ダンバウ(ဒန်ပေါက် )

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

土鍋で炊かれて出てきたのは、いわゆるビリヤニ
(メニューでは「BAMAR CHICKEN BIRYANI」)

ビリヤニというとインドだったり、中東の料理のイメージですが、ミャンマーにもビリヤニがあり、ミャンマー印僑の食文化から生まれた料理だそうです。

 

2人で食べましたが、食べきれない分量でした。

全部で30,000チャット(約3,000円)くらいだったと思いますが、ヤンゴンではかなり高価な食事だと思います。

お客様に現地の人がほとんどいないのも、うなずけます。

 

ラングーン・ティーハウス(Rangoon Tea House)ရန္ကုန္တီးေဟာက္စ္

住所:Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon

営業時間:8:00〜22:00

URL :http://rangoonteahouse.com/