読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

高雄 打狗英國領事館官邸 @ 台湾

台湾

MRT西子湾駅から徒歩だと20分〜30分かかりますが、街をぶらぶらしながら
行くと意外と楽しく歩けてしまいます。

丘の上にあるので、坂道を歩いていくと、

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)」があります。

ここは高雄でも観光名所のうちの1つで、1865年にイギリス人によって建てられたものだそうです。

また「打狗(ダーガオ)」という名前がついているのも、歴史があるようです。

「打狗」(ダーガオ)という名についてはいろいろとエピソードが伝えられているが、実は高雄の原住民である平埔の人々がこの一帯を「Takau」と呼んでいたことから、漢人が「打狗」の文字を当てました。日本統治時代になって、発音が似ていることから、1920年に「高雄」と改められました。

台湾観光協会より

歴史的建物なので、入場料を払い、入館します。
入館料は66元(225円程)。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

煉瓦造りで、趣がありますね。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

さすがに歴史ある建物。小さいながらに重厚感があります。
是非後世にも残して欲しいですね。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

丘の上で、西子湾が一望出来ます。
海の色がエメラルドグリーンに見えますね。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

街の方を見ると、高い建物が見えます。
こんなに眺めがいいので、現地ではデートスポットなんだそうですよ!

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

人がいるのかと思ったら・・・
蝋人形のような等身大の人形が、当時の英国領事館だった頃の様子を表現しています。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

イギリス人医師が、高雄の人の診療をしていたようです。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

これは、貿易の様子。

打狗英國領事館官邸(Former British Consulate Resident at Dagou)

イギリス領事館なので、イギリス人・台湾人以外にもインド系の方がいたというのも特徴ですね。

f:id:chiyo045:20140606142140j:plain

 

公式サイト:http://britishconsulate.khcc.gov.tw