読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

タイのトイレ

タイ

海外のトイレ事情は国によってそれぞれ。

日本みたいにトイレットペーパーをそのまま流しては行けない国も、実は多いんです。
というのも、配管が細くペーパーなどを流すと詰まってしまうらしいです。

基本的にはタイも同じです。
だけど、これが迷うところなのですが、流してもOKのところもあるんです。。。
ホテルなどは流してもOKというところも少なくないみたいです。

実際、ダメなところで流してしまった日本人はたくさんいるんだとか。笑

でもタイの方にご迷惑をかけるので、絶対やめましょうね!

 

多分、バンコクとその他の地域では、流していいトイレの数は全然違うと思いますので。。。(アユタヤでは古いタイプのトイレが多かったです。)

 

では、どこで判断するか。

まず「流さない」が前提です。

流してはいけないところには、ほとんど大きなゴミ箱がありますので、使ったトイレットペーパーはその箱に入れます。

 

f:id:chiyo045:20140126220412j:plain

 

日本にないタイプのタイのトイレ。

「和式に近いんじゃない?」と思う方もいると思いますが、確かに形は似ています。

だけど、便座の高さが20cmくらいの高さにあります。
慣れていないと、ちょっと不安定なんじゃないかとドキドキします。

そして、写真左上部にあるホースがあるのですが、これで洗うらしいです。
日本のウォシュレットみたいに、お湯は出ません。お水です。


ここのトイレはレバーがついていて、普通に水洗トイレですが、古いところだとトイレの横に水槽みたいなものがあって、そこに手桶が置いてあって「使ったら自分で流してね」というところもあります。

 

それと、この形のトイレ。先ほど日本の和式トイレに似ていると書きましたが、このトイレは似て非なり。

和式感覚だと流す穴の開いている方が前と思ってしまいますが、そちらが後ろになります。ここのトイレだと流すレバーを背にしゃがみます。

これを覚えておいてくださいね。

間違えると流しにくくなるらしいです。笑

 

f:id:chiyo045:20140126220513j:plain

そして、親切なところはこういう表示を書いておいてくれるところもありますが、
ここの国では書いてあるトイレの方が少ないかもしれません。

 

また、トイレにどこで行かれるか。

日本だと、大概駅にはありますが、バンコクの地下鉄やBTSの駅にはトイレがありません。
ですが、大型ショッピングモールやレストラン、観光で訪れるような寺院などには必ずあります。また駅はエアポートリンク(空港線)の駅にはトイレがある場合があります。

ただ、トイレットペーパーが置いてないところも多いので、外出には必ずポケットティッシュをお持ちくださいね!

 

どこへ旅行へ行っても「トイレに入らない」ことはあり得ません。
だからその国のトイレの知識はきちんと理解して行きたいですね!