読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

肉骨茶(バクテー)というお料理

シンガポール

マレーシア・シンガポールでの名物料理はいくつかあります。
ほとんどが中華料理ベースで、アレンジされたお料理です。


それも、この土地の歴史に色々由来されています。


今も、マレーシアとシンガポールでは人口比率がちがいますが、基本的には「中華系」「マレー系」「インド系」の方々が暮らしています。
ホーカー(フードコート)もどこにあるかによって、中華料理の多いところ、東南アジア系の料理が多いもしくはハラス料理の多いところ、カレーなどインド系のものが多いところなど特徴があります。


旅行者からすると、どこも魅力的でどこへ行っても目移りしてしまう程「あれも食べたい」「これも食べたい」と毎回迷ってしまいます。
ですが、現地の方は宗教上食べられないものがあるので「いつものところ」だと安心して食事が出来るようです。

例えば、ブタ肉。


イスラム教、ヒンドゥー教などの方は食べられませんし、一緒のキッチンで料理することもダメです。
なので、中華料理のお店にはあまり入らないようです。



今回の旅行中、マレーシア・シンガポールの名物料理『肉骨茶(バクテー)』を一度は食べたいと思っていましたが、なかなかご縁がなかったので、最終日のランチはチャイナタウンのホーカー(フードコート)にしました。

どんな料理かといいますと・・・・



骨付きブタ肉を漢方やニンニクで煮たお料理です。
漢方で煮るなんていうと、さぞかし「薬」っぽいんだろうとご想像される方も多いのですが、食べた感じは「塩・コショウ」でのさっぱりした味付けです。クセのない味です。
お子様でも食べられますよ!

スペアリブを作るような骨付きのお肉なので、ちょっと固いのかとおもいきや、ほろっと骨から肉が離れるくらい柔らかく煮てありました。
唐辛子の入った黒いソースは、あちらのお醤油です。
たまり醤油のように真っ黒で、とろみのあるお醤油です。中華のお醤油だと思います。
ここに唐辛子が入るのは、やはり「東南アジア流」なんでしょうかね??


これで小さいサイズで、6シンガポールドル弱なので400円くらいでしょうか。
さすがにニンニクはそのまま食べる勇気はなかったので(笑)お肉だけいただきました。


マレーシア・シンガポールで辛いものや冷たいもので、胃がお疲れの方は是非食べてみてください!