読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

ドリア〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!

昨年シンガポールで「やり残した」と思った一つに『ドリアンを食べる』ということがありました。


まるで、お笑い芸人のバツゲームのようですが、別に誰かに強要されたわけではありませんよ!


だけど現地の人が食べているのに、食べられないわけがない!
得体の知れないものならいざしらず、一応フルーツじゃない!!!
それも「フルーツの王様!」と思っていた私。


今年は食べましたよ。ドリアン。

シティ・ホール駅の隣にあたる「ブギス」駅近くには御徒町のような通路に小さな洋服屋や食べ物屋が軒を連ねている場所があります。その端にドリアンをメインに扱う果物屋さんがあります。
ドリアンも、そのままのものも売っていますが、あのゴツゴツした
皮はかなり厚く、むくとかなりのゴミになるので、実だけ取り出して売っています。
多少分量の差はありますが、5ドル〜30ドルくらいまであります。


5ドルのものと30ドルのものと見ても分量は倍くらいしか違わないのに、値段は6倍。
店員さんに聞いたところ、品質が違うんだとか。
多少種類なんかもあるのかな??


日本語「ゼッタイ、オイシイ」って30ドルのものを薦められ、
主人が乗せられて買ってしまいました。。。汗
(10ドルくらいのでいいのに・・・って思っていましたが。)


お店の横に簡易のテーブルとイスがあるので、そこで食べて行けというので、さすがにホテルへ持って帰ったら怒られそうなので、そこで食べることに。
ちなみに電車にはドリアン、持ち込み禁止です。笑



こんな形状です。
商品と一緒にくれたのが、ビニールの手袋。
手に匂いがつくから、これで食べろということだろう。。。
確かにその手袋、頂いて正解!


そのお店自体が、ドリアンをたくさん売っているので、隣のお店まで臭ってくるくらいなのですが、ラップをはがすとまたその香りがすごい。


そして掴んでみると「ヌルっ」とした感触。
食べてみました。



・・・・・・・




口に入れた時の香りは、そのもの。
甘い。
そして、結構もったりとした食感と最後に鼻に抜ける香りがフルーティー。

完熟したバナナのネバっとした感じとアボカドのもったり感を生クリームで増した感じ。


ご理解頂けるでしょうか。
明らかに高カロリーだと、食べてわかるような感じです。


だけど、このバナナのような形状の半分以上の大きな種が入っていますので、食べられる部分は少ないのですがクドいので、この分量を2人で食べるのはキツかったです。。。


まだ、最後に鼻にぬける香りがフルーティーだったので、完食出来ました。


横を通る若い方達が、鼻をおさえて笑っているのを見て、こちらも笑ってしまいました。



気をつけて頂きたいのが、ドリアンを食べた後のアルコールは危ないらしいので絶対やめてくださいね。
死ぬとまで言われているらしいので・・・。


だけど東南アジアに行ったら、是非トライしてもらいたいです。
これは失敗談ではありませんので、あしからず。




                                            • -

Durian

                                            • -