読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

バトゥ洞窟

クアラルンプールの観光地の中でも人気のある「バトゥ洞窟」。
ヒンドゥー教の聖地です。

私たちはまずKLセントラル駅から電車に乗って、ここを目指すため駅で地図を見ていたところ、知らない現地の女性が話しかけてくれた。
「どこへ行きたいの?」と聞かれたので
「Batu Caves(バトゥケーブス)に行きたい」と行ったら
目の前にあった料金表から探してくれました。


最初、その人もこの電車へ乗って行くのかと思ったら、通りすがりの人でした。
初日の夜も思いましたが、なんだかマレーシアの人は優しい!と思いました。

さて、また料金を支払いカードタイプの切符を入手。
KTMコミューターという電車に乗り、終点のBatu Caves(バトゥケーブス)駅まで。
大体3〜40分くらいだろうか。

バトゥ洞窟は駅前からスタートしている!

これは駅から見たもの。入場は無料だけど、何時でも入れるわけでないのでご注意を!
開場時間は8:00〜19:00。行かれる時はご確認を。


そしてまず洞窟の前にヒンドゥー教の猿の神様ハヌマンがお出迎えしてくれる。





その横にあるお祈りの場所。

そしてさらに進んで行くと、バトゥ洞窟が出て来ます。


ば〜んと出て来る黄金の像は、42.7m。そして洞窟へ上がる階段は272段!
その階段も1段1段が狭く、急な階段で、ヒンドゥー教信者は、ここから裸足で上がる。

踊り場で休憩しながらでないと、上がり切れません。
お年寄りや足腰に自信のない方は、遠慮した方がよろしいかもしれません。。。


洞窟へ上がると、中に寺院があり神聖な場所となります。



中に入るとひんやりとしていて、神聖な場所という気持ちの良さを感じました。

ここには猿が住み着いていて、階段の下に売っているバナナをもらったりしている。
というのも、駅をでてすぐのところで見た通りヒンドゥー教ではお猿さんも神様。
大事にする対象なんでしょうね。

こどもを連れた猿などもいます。
いたずらをする子たちもいるようなので、ちょっと気をつけてくださいね。

先に書いた通り、大事にする対象なので、むやみに触ったり、たたいたりしないように。
ここは単なる観光地でなく、あくまでもヒンドゥー教の聖地という事をお忘れなく!