読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

海外のトイレ

実は結構トイレ事情は、国によって違うことは行ってみないとわからない。


同じ国内でもホテルと外のトイレとは違う。


日本だって、和式と洋式があるのと同じように
実はシンガポールにも違う便器が存在していた!


大概が写真のような洋式のトイレ。



これはチャンギ国際空港のトイレ。




だけどマレー系の方達が使うトイレは和式のようなトイレなのだが
和式の立ち上がった部分がない。穴があいているだけな感じのトイレ。
さらに用をたした後は洗う習慣があるため、トイレの個室に水道がついている。


そしてトイレットペーパーは流さない習慣なのか、
便器の横には大きなゴミ箱がある。
臭いなどの問題などもあるからか、中身は見えないで入れられるようになっている。




多民族国家なので、色々な仕様が存在しているのかもしれない。


洋式トイレも多少形が違ったりするが、ホテルのトイレも含め
流すボタンは必ず開いたフタの上に見えるボタンを押すようになっている。
これはどこへ行っても多少形状が違っても、ココについている。
日本のトイレは、トイレによって、フタの後ろにあったり
壁にくっついていたり、タンクの横についていたりするが、
流すボタンのついている場所が一定なのは非常にわかりやすい!




あるオフィスビルのトイレに入った時に貼ってあった注意のポスター。


「便器の上にしゃがんではいけません」とあります。笑
上記でも書いたように和式のようなスタイルのトイレを使う習慣のある
人たちは洋式便器の上に乗ってしゃがんで用をたす人がいるようだ。


主人にこれをみせたら
「一昔前は日本にも便器の上にしゃがんでするおばあちゃんたちいたよ」
と言われた。


結構どこでも似たような行動ってあるんだな。笑