読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

ミャンマー

私のBlogを読んでくださったことのある方は、私のホテル選びの重要事項は何度か書かせていただいているのですが、最優先は「ロケーション」です。

その次が「価格」「サービス」・・・などと続いてきます。

 

ヤンゴンのホテル選びは、ナメてはいけません!!

今までタイやベトナム、マレーシアなど東南アジアで色々なホテルへ宿泊してきましたが、物価の割にコストパフォーマンスがあまり良くありません。

ベトナムハノイなどは、少し古さを感じるホテルなど「安い!」と思う価格帯だったりするのですが、ヤンゴンはそれよりも高いんです。

多分、平均賃金でいうとハノイの方がヤンゴンより倍以上だと思いますが、ホテルの価格は別のようです。

 

ダウンタウンの北側にある割とリーズナブルなホテル

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

ホテルのエントランスはこんな感じ。

ここの手前に歩道があるのですが、タクシーだと、その歩道に入って行ってドアへ横付けしてくれます。最初は運転手さんが歩道だってわからず入って行ってしまったのかと思ったら、ヤンゴンではそんなことが許されてしまうようです。

日本人の感覚だと結構ドキドキしました。笑

 

部屋は比較的広い

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

リーズナブルなスタンダードな部屋を選ぶと国によっては「スーツケース広げられる?」と心配になるくらい狭いなんてこともあります。

(ロンドンや香港では、そんな思いをしました。笑)

 

窓側にポットやミネラルウォーターも

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

最近は海外では標準的になってきましたが、無料で飲めるミネラルウォーターが置いてあります。今回は歯磨きなどもミネラルウォーターを使った方がいいということで、飲む以外にも使う頻度が高かったです。

 

テレビとテーブル

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

テレビは小さい液晶テレビがありました。なんと、TOSHIBAREGZA

日本の液晶なんて、高いだろうにと勝手に思ってしまいました。

このテレビの後ろに無停電装置が置いてありました。
やはり停電対策なんだと思います。

家具類は建物同様、古さは否めません。

 

バスルーム 洗面台

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

こちらも広さはあり、清潔にされていてタオルは全てビニール袋に入れられています。(ちょっと過剰??笑)

アメニティも色々揃っていますが、私は基本的に自分で持っていったものを使うので、使用感はわかりません。
ドライヤーなどもそんなにパワーはありませんが、置いてあります。

トイレがこの洗面台の右側にありますが、ペーパーが取りにくい場所にあり、座ると体を無理にひねらないといけませんでした。笑

 

バスルーム

セントラルホテル ヤンゴン@Yangon

バスタブ付きのバスルームです。古いホテルなので、ところどころカビがあるのは仕方ないんですかね。日本でも古いところは、時々ありますからね。

ただ、ミャンマーのホテル選びで時間をかけたのが、このバスルーム。

 

家ではないので、トイレ・バス別なんて言いません。

だけど、特に安宿でもないのに、トイレとシャワーの境がないところが結構あるんです。

どういうことになるかというと、シャワーを浴びるとトイレまでビショビショ。

それは困る!と思い、トリップアドバイザーの写真などを見て選択しました。

年末年始で、少し値段が上がっていましたが、2人で10,000円までならないくらいだったので、まあまあですかね??

ロケーションがいいのですが、外(道路)が早朝・深夜以外は結構うるさいですね。
そういうのは苦手な方はダメかもしれません。

 

フロントの方たちは、とってもフレンドリーで質問をすると色々教えてくれました。

総合的には良いホテルです。

 

www.centralhotelyangon.com

ミャンマーのドーナツ屋さん「J'S DONUTS」@Yangon

ミャンマー

ヤンゴンにも外国資本のものや、外国の食べ物のお店はあります。

ですが、どこの国でもよく見かける「マクドナルド」や「スターバックス」は、まだ入っていないのか、見かけることはありませんでした。

 ですが、最近ではファストフード店も増えつつあるようです。

ダウンタウンで見つけたファストフード店がこちら!!

 

ヤンゴンのドーナツ屋さん

ミャンマーのドーナツ屋さん「J'S DONUTS」

日本人には見慣れた感じと言いますか、言ってしまうと「ミスタードーナツ」と「ダンキンドーナツ」を合わせて2で割ったみたいな印象が・・・笑

ポップなカラーリングの店内と丸いフォントを使ったロゴ。。。

 

店内は禁煙

ミャンマーのドーナツ屋さん「J'S DONUTS」

ポップなカラーリングの店内には、ちゃんと「No Smoking」のプレートが貼られていました。

たまたまお店に入ったのが夜だったのでお店の中は、空席が多く空いている印象でしたが、昼間はまた別なのかもしれません。

 

注文したドリンク

ミャンマーのドーナツ屋さん「J'S DONUTS」

夕食後に訪れたので、さすがにドーナツは食べられなかったんですが、ドリンクを注文。

ホットコーヒーストロベリージュースを注文しました。

普通にホットコーヒーを頼んだら、既にミルク入りでした。笑

そしてすごいのがこのストロベリージュース。まるで果汁0%な感じのピンク色。笑

かなり甘めなジュースで、こんなところでも「東南アジア」を感じました。
(なぜか東南アジアで売られているジュースって、かなり甘いものいが多いんですよね・・・)

 

日本だとドーナツ店って、どちらかというと若い人や女性の方が多い印象がありますが、夜だったからか男性が多かったです。

40〜50代くらいの男性もちらほらという感じで、日本の客層とは違ったイメージです。

店員さんは日本と同じように若い人が中心で、店長さんらしき人がちょっと年上な感じでした。

日本人でも入りやすいお店です!

 

J'S DONUTS

ヤンゴンは夜散歩も楽しい!@ Yangon

ミャンマー

ヤンゴンは比較的治安がいい場所なので、ナイトマーケットも賑わっています。

ミャンマーは女性も社会で活躍している国なので、きっとお仕事が終わったあとにショッピングしたり食事したりするのだと思います。

と言っても、ヤンゴンの中心街の話で、地方へ行くととにかく真っ暗・・・というところも少なくないと思いますので、様子は違うと思いますが。。。

 

夜の観光も楽しい

夜遊びと言っても、バンコクのような歓楽街があったり、香港のように眠らない街だったりするわけではないので、「夜」の定義は「深夜」ではありませんが、夜9時過ぎまでは、色々な年齢層の方々が出歩いています。

ダウンタウンには各所に観光名所がありますが、その観光名所も夜はライトアップされて、それを見るだけでも楽しいです!

 

chiyo045.hatenablog.com

 

スーレーパゴダのライトアップ

ヤンゴンは夜散歩も楽しい!

ゴールドに輝くスーレーパゴダは昼間でも輝いて綺麗ですが、夜のライトアップは雰囲気もあり素敵です!

夜のパゴダは一度は見ることをお勧めします!

本当はスーレーパゴダよりもシュエダゴン・パゴダの方がライトアップは素晴らしいと言いますので、もしお時間のある方は是非行ってみてください。

chiyo045.hatenablog.com

 

夜のマハバンドゥーラ・ガーデン(Maha Bandoola Garden)

ヤンゴンは夜散歩も楽しい!

ここの公園近くには、写真の通り人が多く集まっておしゃべりをしたりしています。夜の憩いの場所なのでしょうか??

 

インマニュエルバプテスト教会(Immanuel Baptist Church)のライトアップ

ヤンゴンは夜散歩も楽しい!

マハバンデューラ・ガーデンの横にあるインマニュエルバプテスト教会もこのようにキラキラにライトアップされています。

ヤンゴンミャンマーの中では都会です。と言っても夜遊ぶところなどは先進国の繁華街に比べればほとんどないので、このようなところは恰好の「夜遊びスポット」になっています。

実はこのヤンゴン

私たちがいた時はほとんど停電に合わなかったのですが、普段は停電があっても当たり前なんだそうです。

だからお店やさんの前には、お店の前に工事現場にあるような発電機があったりしますから、ヤンゴンの人たちは備えているんでしょうね。

街中は真っ暗になっても、ヤンゴンではナイトマーケットなどはロウソクやライトで営業続けてしまうようなたくましさがあるようですよ!

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」@ Yangon

ミャンマー

ダウンタウンの中心地近くにあるレストラン「999(トリプル・ナイン)」というシャン族の料理を出すレストランに行ってみました。

ミャンマーは色々な民族の集まりなんです。

だから、各民族の料理があったり、ロンジー(ミャンマーの巻きスカート)の模様があったりと、その民族ごとの特徴があります。

日本で言うと各地方といった感じでしょうか!?

 

お店に入ると2階に通されました。

こぎれいなお店で、外国人でも抵抗がない感じのお店だと思います。

「Where are you from?」「Oh! Japan??」「コンニチワ〜」
みたいな会話をしてくるフレンドリーなスタッフの人がいたり、
仕事しながら歌を歌っている人がいたり。笑

 

写真入りの英語メニュー

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

ミャンマー語ビルマ語)と英語で表記されているし、写真が掲載されているので、安心して注文出来ます。

 

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

値段も貼ってあるので、価格感もわかって安心!
本当に英語も何もわからないお店での注文は困ったので、ここのお店では食べたいなと思えるものを注文できました。笑

 

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

結構メニュー数は多いです。

こちらで卵は結構イイ値段するものなんでしょうか?麺類でも1500チャット(約150円)なのに、目玉焼きが1000チャット(100円)って、日本人の感覚で言うと高い気がするんだけど。。。

 

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

ここのメニューは、スープヌードル以外には、スープがついてくるようです。

 

Shan Noodle(Oil Flavouring)

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

ちょっと辛そうに見えるけど、特に辛くはないメニュー。ベトナムのフォーのような米の麺で、私は結構好きな味でした。

シャン族の麺は、日本人でも食べやすいと思います。

 

Noodle with Steamed Pork Ribs(Oil Flavouring)

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

大きなポークの塊がゴロゴロと乗った麺料理。見た目よりボリュームがありました。

辛いものが好きな方は、テーブルの上に辛い調味料があるので、使うとかなり辛くなります。ミャンマー人は結構辛いのも、お好きなようです。

 

Fried Tofu

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

こちらは豆腐を揚げたもの。(厚揚げ??)
まわりは少し衣がついていて、カリっとしています。

魚醤のようなタレをつけて食べます。
美味しいのですが、油を吸っていて思いの外たくさん食べられないんですよね。。。

さすが、ミャンマーのお料理。油多め。

 

全部で6,000チャット(600円)弱だったかと思います。

 

お店の外観

シャン族料理「999(トリプル・ナイン)」

このお店、細い通りの奥にあるので、ちょっと見つけづらいかもしれません。

この暗い感じで夜7時前です。

ヤンゴンはメインストリート以外、結構夜は暗いのでお気をつけください。

治安は問題ないと思いますが、やはり暗いところは不安ですのでね。。。

 

999(トリプル・ナイン)

住所:130B, 34th St, Kyauktada Tsp  Yangon
営業時間:6:00〜19:00

ヤンゴンではあちこち工事だらけ @ Yangon

ミャンマー

ミャンマーという国は、ご存知の通り2015年11月の選挙でやっと「民主化」されたばかりの国です。それまでは軍事政権で、経済活動も他国と普通に出来るものではありませんでした。

 民主化されてから、どんどんと外国からの資本が入り始め、元々首都で栄えていたヤンゴンは新しい建物を建てたり、道路を直したりという工事があちこちで見られました。

 

あちこちで見られるヤンゴンの工事現場

ヤンゴンではあちこち工事だらけ

ヤンゴンダウンタウンを歩いているだけでも、とにかくあちこちで工事現場があります。

写真にあるようなレンガは安価だからか、東南アジアの工事現場ではよく見られます。(日本ではあまり見かけないですよね??)

 

歩道にあいている穴

ヤンゴンではあちこち工事だらけ

工事現場は、建物だけでなくこういった歩道など道路を直しているところもたくさん見かけます。この写真を撮影した日が1月1日だったからか、工事をしていなかったのですが、日本ならポールを立てたり、鉄板でフタをして誤って穴に人が落ちたりしないようにしておきますが、ミャンマーではまだそんな「安全」に気を払うということはしていません。

それに建築資材などもむき出しで、置きっぱなし。笑

盗まれたりしないのかな・・・。笑

 

実際に工事している現場

ヤンゴンではあちこち工事だらけ

前の写真とは別の場所なのですが、実際に工事をしているところを通りかかりました。

もちろんここもポールを立てたりはしていなかったのですが、驚いたのが工事をしている人。

ヘルメットはおろか、服装もその辺を歩いている人と同じシャツにロンジー(ミャンマーの巻きスカートのような服)にビーチサンダル。笑

 日本だったら、あり得ないですよね!(日本だと安全のため、色々法律で決まっていることもありますし・・・)

工事現場での作業員がビーチサンダルって・・・。笑

 

実は、2年前ベトナムホーチミンに行った時も同じようなことで驚きました。

地下鉄工事(公共事業)の工事現場で働く若いお兄さんたちは、暑いからか上半身裸の状態で工事をしていました。日本だったら現場から追い出されそうですよね。。。

 

手前にレンガとセメントが置かれていますが、スコップなどもこの近くにはなく、木の板を使ってセメントを混ぜたりしていました。もちろん手は素手です。。。

日本から見たらこんな「劣悪な作業環境」ですが、いつかは色々見直されてくるのでしょうね。

頑張れ、ミャンマー人!!

日本語のあるヤンゴンのお店 @ Yangon

ミャンマー

ヤンゴンには中古の日本車やバス、電車が走っているので、多分日本語は街の中に「たくさんある」のですが、お店も日本語のあるお店をいくつか見るけることが出来ました。

 

100円ショップ? TOKUTOKUYA(得得屋)

日本語のあるヤンゴンのお店

知らなかったのですが、日本の100円ショップのミャンマー店なんだそうです。

どうも海外の100均というと「ダイソー」とおもってしまいますが、他の会社も頑張って海外進出しているんですね。

ちなみに、ミャンマーでは日本円は使えませんので、100円で支払わないでくださいね。笑

 

日本語のあるヤンゴンのお店

商品も日本の100均と変わらない品揃えなので、旅行中何か足らなくなった時に便利かもしれません!日本から持って来たものなのか、ほぼ日本語が書いてあるので安心ですね。笑

店舗情報

URL:店舗案内 | 100円ショップのTOKUTOKUYA 株式会社イーシーアイ
   https://www.facebook.com/Tokutokuya.mm/

※地図はPPQ Bakeyですが、TOKUTOKUYAは隣になります。

 

平和ならーめん??

日本語のあるヤンゴンのお店

Heiwa(na) Japanese Restaurantと書いてあります。笑

この国はどんだけ平和じゃないんだ〜〜!?

お店には入りませんでしたが、外国で「和食レストラン」と言っても結構「なんちゃって」なところも少なくありません。

(もちろん日本人経営者で、しっかりやっているところもありますよ!!)

だけど、ここのお店を見ると「伊藤園お〜いお茶」のボトルだったり、ヤマサの暖簾だったり、日本人でも馴染みのあるロゴが目に入ると「安心できるかな?」と思いますよね。

 

隣には平和な(?)コンビニ

日本語のあるヤンゴンのお店

多分、平和ならーめん屋さんとオーナーは一緒なんだと思いますが、ラーメン屋さんの隣にある「平和なコンビニ」があります。

ここは普通にコンビニなので、冷えた飲み物やお菓子など買えますが、是非覚えておいていただきたいのが、日本の薬が買えます。レジの横に薬が置いてあります。

品揃え的にはそんなに豊富ではありませんが、子供用咳止めとかも売っていましたので「強い薬は体に合わない」という方にはいいのではないでしょうか??

その他には、バラマキ系のお土産用に1杯ずつ袋に入っている粉のミルクティーやピーナッツのお菓子も売っています。

ただ、店員さんは日本語が通じないので、そこが残念。

 

薬もそうですが、ミャンマーの食事が合わなくて日本のものが食べたいと思った時は、ここのコンビニに来ると日本のものが何かしら買えるので、そういう方にもオススメ。

 

私が宿泊したホテルの近くだったので、何度か利用しました!

 

店舗情報

住所:No.207, 32 Street, Upper Block, Pabedan Township, Yangon

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)@Yangon

ミャンマー

ヤンゴン文化遺産になっている建物が多いスーレーパゴダの東側にある、このラングーン・ティーハウスは、まるでアメリカやヨーロッパ、日本なら都内にありそうな洗練されたカフェで、とても綺麗なお店です。

 

エントランスから美しい

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

今まで出てきた路上の屋台とはうってかわって、今どきっぽいカフェもあります。

最近は外国人向けのお店も増えてきています。

こういったキレイなお店にはTシャツとロンジー(ミャンマーの巻きスカート)のお客さんはいませんね。。。

 

内装・インテリアは統一感アリ!

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

ここへは1月1日に行ったので、ケーキのショーケースの上には「HAPPY NEW YEAR」の文字。

 

テーブル上には英語のメニュー

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

テーブルの上に置かれているメニューはほぼ英語。

これでわかる通り、現地の人をターゲットにしたお店ではありません。

着席するとすぐに「お通し」のように出てくるポテトチップス。これがとても美味しい。笑

 

ミャンマー人の愛する甘いミルクティー「ラペイエ」

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

同じグラス、同じように入っているミルクティーですが、実はこれ、若干色が違うんですが、「紅茶の濃さ」「ミルクの量」で名称まで違うんです。

紅茶」「エバポレートミルク」「コンデンスミルク」の3層の分量を変えて、お好みの「ラペイエ」になっていきます。

一番ノーマルなのは「ウンマ」と言うらしいです。(全部で16種類にもなるらしいです。笑)

 

私はノーマルなタイプより紅茶を少し濃い目で注文。

もともとミルクティーは好きなのですが、とっても美味しい!マレーシアやシンガポールでもミルクティーはよく飲むし、インドではチャイがあるので、濃いミルクティーを飲む習慣があるので、ミャンマーで飲まれているのも納得ですね。

 

バズンヒン(ဟင်း)

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

こちらが、ビルマ料理の海老のカレー。(メニューでは「KING PRAWN CURRY」)ものすごい肉厚なエビが入っているカレーです。ここのメニューの中でも、少し高めな価格だったのも納得なエビが入っていました。

ミャンマーのカレーを「ヒン(ဟင်း)」というらしいです。

スープや野菜、パクチー、辛味を調整する薬味みたいなものもついてきます。

 

ミャンマービリヤニ ダンバウ(ဒန်ပေါက် )

高級カフェ「ラングーン・ティーハウス」(Rangoon Tea House)

土鍋で炊かれて出てきたのは、いわゆるビリヤニ
(メニューでは「BAMAR CHICKEN BIRYANI」)

ビリヤニというとインドだったり、中東の料理のイメージですが、ミャンマーにもビリヤニがあり、ミャンマー印僑の食文化から生まれた料理だそうです。

 

2人で食べましたが、食べきれない分量でした。

全部で30,000チャット(約3,000円)くらいだったと思いますが、ヤンゴンではかなり高価な食事だと思います。

お客様に現地の人がほとんどいないのも、うなずけます。

 

ラングーン・ティーハウス(Rangoon Tea House)ရန္ကုန္တီးေဟာက္စ္

住所:Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon

営業時間:8:00〜22:00

URL :http://rangoonteahouse.com/