美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

台北にはいくつかの大きなお寺があります。

日本人には以前行った「龍山寺」が一番有名かな?と思いますが、こちらの「行天宮」も有名なお寺の一つです。

chiyo045.hatenablog.com

 

台湾の仏教寺院は、日本とはちょっと違います。

 

行天宮とは?

行天宮(ぎょうてんぐう)は、台湾の台北市中山区に位置する関帝廟。多いときで1日に2万人以上が訪れるとされる、台北地域でも人気の高い寺院・観光地のひとつである。

行天宮 - Wikipediaより

関帝廟とは、横浜中華街にもありますが、関帝関羽)を祀るお寺のことです。

関帝廟は商売が繁盛するようにと華僑の人たちが海外にも建てたので、日本を含めた中国以外の国にもあるようです。

ということは、この行天宮も商売繁盛を祈願するお寺ということなので、是非行かなくては!と行ってみました。

行天宮の入り口

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

お寺の敷地の入り口なのに、こんなに派手!笑

土曜日だからか、参拝客多かったです。しゃべっている言葉を聞く限り、現地の人っぽい人が多かったですね。

 

参拝の前にすること

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

日本では神社で同じようなことをするので、あまり抵抗がないと思いますが、参拝前にこちらで手を洗います。

手洗い場の前に、鏡があるのですが「洗心」「問心」と書いてあります。

手を洗い、身を清め、仏の前にいく心構えをしてから行きなさいということなのでしょうか!?

 

水飲み場

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

この紙の袋が紙コップの代わりです。

  • 讀好書(いい本を読む)
  • 說好話(いい言葉を使う)
  • 行好事(いい行いをする)
  • 做好人(善良な人になる)

 と書いてあります。いわゆる「教え」のようなものでしょう。

 

お寺の中へ入る

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

入って右側をみるとこのように青い法衣を着たボランティアの女性たちがお経を読んでいます。

この対面(左側)に、本殿があります。

 

本殿前は行列

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

たくさんの人たちが並んでいます。

なんだかわかりませんでしたが、並んでみることに。

並んでいると、青い法衣のボランティアの方がお線香を持って、お祓いをしてくれます。どんなご利益かわかりませんが、私もやってもらいました。

 

本殿

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

中央の本殿です。

関帝関羽)が鎮座しています。

ここではお参りの順序があります。

1番目:先ほどのお経を読んでいるボランティアの方がいる方を向いて祈祷

2番目:本殿中央で祈祷

3番目:本殿右側で祈祷

4番目:本殿左側で祈祷

と4回祈りを捧げます。

 

台湾のお参りは日本のお参りと違い、膝をつくイスのようなものがあり、そこへ跪いてお祈りをします。

最後はそこからも降りて頭を下げますが、男性は手のひらを下に、女性は手のひらを上に向けてお参りをします。

 

同じ仏教と言っても、Chinese Styleとはお参りの仕方が随分違います。

このお寺では、ちゃんとお参りの仕方が本殿の前にパネルで紹介されていますし、私が行った時には日本語のわかるボランティアさんがそのパネルの前で説明してくれました。

 

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

日本のお寺でいうと境内というのでしょうか。

本殿の前には正面からは入れなくなっています。

これが正面。

 

景観円石

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

この石、パワーストーンらしく触りながら祈ると願いが叶うらしいですが、その意味を知ったのは帰国してから。汗

とりあえず触って来たからヨシとする!?笑

 

 

行天宮

所在地:台北市中山區民權東路二段109號
    MRT中和新蘆線「行天宮駅」徒歩3分

行天宮五大志業網 / HSING TIAN KONG

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

この日は暑い!暑い!暑い!

さらに中華のお好み焼き「天津葱抓餅」を食べた後だったので、さらに暑さ倍増でした。笑

chiyo045.hatenablog.com

 

「天津葱抓餅」のお店から2〜3ブロックしか離れていないお店に、また入ってしまった!この「永康街」にはこんなお店があちこちにあるのです!!

 

マンゴーかき氷屋さん

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

芒果とはマンゴーのこと。基本、マンゴーかき氷屋さん、多少オプションはあるけど、皆さんマンゴーかき氷を食べています。

店頭で注文して、お金を払います。

そして店内へ。店員さんが席を指定してくれます。

 

場合によっては相席になることもあります。

 

番号札の番号が表示されたら取りに行く

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

サービスはファストフード店並みに「セルフ」です。

番号札にある番号が表示されたら、カウンターまで取りに行きます。

なので、自分の番号が表示されるまで気をつけて見ていてください。

おしゃべりに夢中になったり、ガイドブックを熟読していると、見過ごしてしまいますから!!

 

この日はすごい混みようでした。

だけど、日本人の多さには驚きました。

テーブルに座ると、右側に座っていた人も左側に座っていた人も日本人でした。笑

 さて、私たちの番号が表示されたので、Let's Try!

新鮮芒果牛奶冰
Original Fresh Mango Ice with Milk

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

コレよ、コレ!

氷の上にゴロゴロとマンゴーの果肉とマンゴーピューレ、その上から練乳!

最後にマンゴーシャーベットが乗っているという「これでもか〜」な一品。

 

こちらは200台湾ドル(約800円)。日本だったらこれだけ果肉が乗って、大きいかき氷、全然驚かない金額だけど、台湾では観光地値段と思ってしまいます。

日本だったら、こんな大きいものを食べたら、お腹が冷えてしまって・・・と避けて通りますが、暑かったのも助けられ、8〜9割くらいは食べられましたが、最後まで食べきることが出来ませんでした。。。

 

 

新鮮綜果水果雪花冰
Fresh Fruit Mix Snow Ice

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

一緒に行ったダンナ様が注文したのは、ミルクで出来た氷にマンゴー、キウイ、イチゴの果肉とソースがかかって、てっぺんにマンゴーシャーベットが乗ったもの。

こちらも200台湾ドル(約800円)

これが、ミルクの氷がフワフワでス〜っとなくなってしまって、同じ大きさのお皿に盛り付けてきたのですが、気がついたらダンナ様は完食していました。

 

私たちは1人1つ注文しましたが、中には2人で1つ、3人で2つという人たちも多く、1人で食べきれないというのが普通だったのか???汗

 

だけど日本ではお腹が冷える!と思って敬遠しているマンゴーかき氷を堪能できてよかった!!

 

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

そういえば、お店の前の通りに、こんな車止め(?)が歩道にオブジェとしてはいちされていたのは、ちょっと面白いですね。

台北の街の中には、アートがあちこちにあって楽しいです!!

 

 

芒果皇帝

所在地:台北市大安區永康街2巷2之1號

en.kingmango.com.tw

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

台北で最近盛り上がりのある「永康街

最近古い建物を新しくリノベーションしてショップをオープンするお店が多く見られる街「永康街」なのですが、特に注目を集めていて、地元の人・環境客が多く集まる地域です。

人が集まれば、食べるものだって売れる!

ということで、やっぱり台湾といえばB級グルメの宝庫。

 

なにやら人がたくさん並んでいるところがあるじゃないですか!

どこの国でも並ぶところのものって、食べてみたくなりますよね。笑

お店の外まで、なにやらいい香り。

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

「天津葱抓餅」と書いてあります。

鉄板で焼いているものを覗くと、どうもお好み焼きっぽい。

 

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

店員さんの足元には大量の卵。。。

いや、気になる。

 

汗だくで焼くおばちゃん

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

英語・日本語・韓国語での表記メニューがあり、助かります!

私は「玉米蛋(とうもろこし+卵)」を注文!

40台湾ドル(約160円)!!

やっぱり台湾のB級グルメは安〜い。

 

この時、多分気温が30度近くだったのですが、とにかくたくさん焼いていて、熱気もすごい。並んでいる人たちも日傘をさしたりする天候だったのに、アッツアツのコレを待つわけです。

 

 

天津葱抓餅

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

キターーーーーーーーーー!

このような紙袋に入れて渡されるのですが、熱い!!

写真では普通に持っていますが、この後、持っていられなくてタオルに包んで食べました。笑

食べた感じはお好み焼きっぽい。

だけど中は少しフワっとしていて柔らかい食感は、日本のお好み焼きとはちょっと違うかな!?

 

そこに、とうもろこしが入っているため気をつけないと、熱々のとうもろこしが飛び出してくるのでヤケドに注意!

お好み焼きに馴染みのある日本人には、受け入れられやすい食べ物だと思います!!

 

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

ほら、こんなに行列ができています。

行列に並ぶ人も暑そう。

多分手前に置いてあるプラスチックボトルのは、マヨネーズ??

これだけ人気なら、こんなのすぐになくなっちゃうだろうな。。。笑

 

 

 

誠記越南麵食館(天津葱抓餅)

所在地:台湾台北永康街6巷1号
最寄駅:MRT中和新蘆線 東門駅

 

食べログ台湾

tabelog.com

ノドが乾いたら、南国のフルーツのフレッシュジュースを!!@台北

台湾では南国フルーツが本当に美味しい!

パイナップル、マンゴー、スイカ・・・などなど。

日本だとフレッシュフルーツのジュースは結構イイお値段しますよね!
(日本だとフルーツ自体も高いので、仕方のないことですが・・・)

ですが、台湾だと日本よりずっとお安い〜

ということで・・・

 

暑いからこそ南国フルーツのフレッシュジュース!

ノドが乾いたら、南国のフルーツのフレッシュジュースを!!@台北

私は特に台湾の「スイカジュース」が大好き!

暑い時期は必ずペットボトルのミネラルウォーターやお茶を持ち歩きますが、乾きが癒せないこともあります。

体が熱くなってきてしまった時のクールダウンと、ノドの乾きを癒すのと同時に行ってくれるのが、このフレッシュのスイカジュース。

時期や種類によって多少甘さは違うけど、今までそんなに「残念な思い」をしたことがないので、オススメしたい!!

 

龍泉居というジュースバー

ノドが乾いたら、南国のフルーツのフレッシュジュースを!!@台北

実はこの地域、夜市を行うような街で、午後遅い時間から夜の方が賑わう場所です。

ですが、あるネットの情報をたどってお昼前にあるお店を探してきたら、閉店していた。。。泣

ということで、暑かったから休憩したい!と思ってここでジュースを買いました。

 

ノドが乾いたら、南国のフルーツのフレッシュジュースを!!@台北

上記のスイカジュース(西瓜汁)は60台湾ドル(約240円)。多分日本なら倍くらいはしますね。それももっと小さいサイズで・・・。

その他割と日本人でも当たり前に飲める「パイナップルジュース(鳳梨汁)」から、「ゴーヤ&ハチミツ&サトウキビジュース(苦瓜蜂蜜甘蔗汁)」などかなりチャレンジャーな方向けなメニューまで、色々あります。

 

普段なら結構チャレンジもしてしまうのですが、とにかく暑かったのでスイカジュースしか飲む気になりませんでした。

 

ノドが乾いたら、南国のフルーツのフレッシュジュースを!!@台北

ちなみに、カットフルーツも売っていますので、ジュースを飲むのでもそのまま食べるのでも楽しめるお店ですので、「私は食べたい!」という方は「カットフルーツ!」と言えば冷やしたものを出してくれますよ〜!

 

 

龍泉居

所在地:台北市大安區龍泉街23號

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!@台北

台湾といったら、グルメは絶対条件!

(私の場合、どこへ行っても、絶対条件だけど・・・。笑)

 

特に台北へ行ったら外せないものがあります!

 

魯肉飯(ルーロ飯)

台湾をちっちゃい島と思っている人もいると思いますが、大きい都市でいうと北側にある「台北」と南側にある「高雄」とだと、よく食べるものも少し変わってきます。

高雄に比べると台北の方が、魯肉飯(ルーロ飯)のお店が断然多いと思います。

 

今回は時間がないので、前もってガイドブックに載っているお店を目指すことにします。

 

MRTで中正紀念堂駅へ

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

台北駅でMRT淡水信義線に乗り換えて「象山」方面の電車に乗ります。

駅2つで到着しますので、数分です。

 

出口までの地下通路

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

MRTなので出口の地下通路があるのですが、こんなアート作品なんかがあるのも台北のようで、駅や空港などでアート作品を目にする事は少なくないです。

 

中正紀念堂

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

外側からの写真ですみません。

このオレンジの屋根は「中正紀念堂」ではなく、国家音楽庁。

駅を上がるとすぐ目に入ってきます。立派!

本当はここも観光する予定だったのですが、まずは食べることが最優先。笑

 

南門市場

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

駅からこの建物を目標に歩いてくれば、目標のお店は隣。

 

金峰魯肉飯(ジンフォンルーロウファン)

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

お店もそんなに大きくなく、台湾やアジア諸外国ではこういうガラスなどで店内との仕切りがないお店が結構あります。

特にB級グルメの美味しいお店は、こんなお店が多いです。

 

メニュー

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

日本人観光客が多いのか、結構日本語のメニューを置いているお店が多いので、メニューを催促すると、色々選べますよ!

 

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

意外とメニュー数が多いのに、驚き!笑

 

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

ぶ、豚の脳みそのスープ。。。汗

 

魯肉飯!!

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

大きさが3種類。大中小を選びましょう!

 

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

テーブルにはお箸と調味料。

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

  • 大 50台湾ドル(約200円)
  • 中 40台湾ドル(約160円)
  • 小 30台湾ドル(約120円)

煮卵

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

日本語では味付け卵と書いてあります。

15香港ドル(約60円)。

 

とにかく安い!笑

 

台湾に行ったら魯肉飯(ルーロ飯)は、はずせない!!

お店の外はこんな感じ。

テイクアウトをして行く人もいるので、とにかく「繁盛店」だということはわかりました。

お昼時などは行列が出来るらしいので、ランチタイムなどは少し早めに行ってみることをオススメします!!

 

金峰魯肉飯

住所:台湾台湾台北羅斯福路一段10號之2

営業時間:8:00~翌1:00(第2、3日曜は20:30まで)

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」@台北

台北には2つの空港があります。

この「桃園国際空港」に到着すると、以前は「高速バス」が一般的でした。

chiyo045.hatenablog.com

 このバスだと台北駅まで、ほぼ1時間ほどでした。

 

ですが、やっと地下鉄が出来上がりまして、今回は初めてこのMRTに乗ることができました。

 

MRTに乗るには悠遊カード(Easy Card)が便利

台北の街中を走るMRTの他にバスなどもこの「悠遊カード(Easy Card)」が非常に便利です。(なのに、今回持っていくのを忘れてしまった・・・)

悠遊カード(Easy Card)を桃園国際空港で購入

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

到着ロビーにこのようなデスクがあります。

ここで悠遊カード(Easy Card)を購入できます。

気をつけなくてはいけないのが、他のカードなども取り扱っているので、違うものを購入しないように。

ただ、日本人だとわかると、日本語の説明書きを出して説明してくれます。

 

ちなみに、桃園国際空港から台北駅まで160台湾ドル
往復するなら320台湾ドル。

であれば、最低でも400台湾ドルでのデポジットしておいた方がいいかもしれません。

デポジットとカードのお金で合計500台湾ドル(約2,000円)。

もちろん現金でトークン(コイン型切符)を購入してもMRTに乗れますが、なんと悠遊カード(Easy Card)の方が少し運賃が安いんです!

便利で安いとなれば、使わない手はないですね。

 

表示に沿って乗り場まで行きます

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

上部に案内が出ていますので、その表示に沿って乗り場まで行きます。

電車の表示はこの空港MRTのみではありませんので、間違えないように!!

電車マークだけ追っかけていくと、違う電車に乗っちゃいますよ〜!!

 

意外と歩きます

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

地下に降りて、ススっと・・・とはいきません。

意外と歩きますので、急いでいる時には気をつけてくださいね!!

 

トイレはわかりやすい

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

正直、海外に行くと日本ほど、あちこちにトイレがないことが多いです。

ですが、さすが新しく出来た空港MRTなので、ホームの上にはトイレがわかりやすく配置されています。

 

MRTに乗車

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

空港MRTなので、スーツケースを置く場所などもあります。便利ですね!!

ちなみに地下に入るのは空港近くと台北中心部のみ。

その他は地上を走りますので、車窓から見える風景も楽しめます!

 

スマホのアプリもあります

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

このMRTの出口案内などを教えてくれるスマホ用アプリの案内がありました。

さすが「イマドキ」!!

 

車内にはFree Wi-Fiが!

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

最近海外では空港線でFree Wi-Fiがあるのも珍しくなくなってきましたね。

日本も成田エクスプレスで、そういうサービスがあるみたいですね。

 

桃園国際空港からの移動は「Taiyuan Airport MRT」

この空港MRTで台北駅まで35分ほどで到着。

ただ、気をつけていただきたいのが「普通」というのに乗らないように!!

いわゆる特急のような電車に乗らないと35分で到着出来ないので気をつけてくださいね〜〜

 

 

www.taoyuan-airport.com

台湾へ弾丸旅行なら、Wi-Fiは「iVideo」が安くてオススメ!@台北

台湾はかなりFree Wi-Fiが普及している国だと思います。

日本も見習ったらいいのに、と思うほどです。

桃園国際空港から始まり、中心街まで乗るMRTの中、街中まで色々なWi-Fiがあります。

ただ、街中のWi-Fiはあまりあてに出来ないので、移動中にスマートフォンなど使う場合はWi-Fiを使いたいですよね。

今回利用した会社がここ!

iVideoのWi-Fi

台湾へ弾丸旅行なら、Wi-Fiは「iVideo」が安くてオススメ!

今回ここに決めた理由は、台湾に到着してから受け取り、台湾で返せるので飛行機に乗る時の荷物にならないで済むことと、今回は台湾で返せるということは1日で返却できるため安く済むこと。

0泊といっても羽田に到着するのは日付が変わってから。

ということは2日分支払いをしなくてはいけません。

 

1日758円で済みました!!

 

ボックスに電源とUSBケーブル、そしてルーター

台湾へ弾丸旅行なら、Wi-Fiは「iVideo」が安くてオススメ!

Wi-Fiルーターは大きくて少し重いのですが、これ自体が電源バッテリーになっているので、1日くらいはずっと使っていても電源が切れることはありませんでした。

 

一般的なWi-Fiモバイルルーターだと、夕方にはモバイルバッテリーに繋がないと心配・・・な感じですが、これだと自分のスマホだってモバイルバッテリーとして充電もできるのですごく便利。

ただ、この形態のものはiVideoのものならどこでも使えるわけではなく、台湾や香港などで使えるもののようなので、たくさんバッテリーやらルーターやらバラバラに持ち歩く必要がないのが魅力ですよ〜!!

 

www.ivideo.com.tw