美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

「ネパールに行ってみた!」を読んでみた!@ネパール

海外旅行へ行く際に、ガイドブックを購入して
「どこへ行こうかな〜」
「何を食べようかな〜」
「どんな観光地があるんだ??」

なんて考えながら妄想するのは、楽しいことです。

 

ですが、実際にその土地の習慣や宗教、状況に関しては、現地にいる方のBlogを読んだり、書籍を読んだりして情報を入手します。

 

というのも、
「日本の常識」=「他国の常識」
ではないことが多いからです。

日本では当たり前にやっていることが、行った先の国では大変失礼にあたることもあります。

それが原因でトラブルになることもあります。

それって、その国の人が悪いということでなく「自分の勉強不足」が原因になります。

 

人によっては「痛い思いをして覚えればいい」という人もいますが、私は極力「痛い思い」はしたくないので、色々勉強はしていきます。

と言っても、別に机にかじりついて歴史や宗教の勉強をするわけではありません。

 

上記にある通り、面白そうなBlogを読んだり、Twitterでリアルタイムなつぶやきをチェックしたり、書籍を読んだりすることです。

 

先日ネパールについての面白い本(マンガと文章で綴ってあるので読みやすい!!)を見つけたので、ご紹介しておきますね!!

ご興味があったら、読んでみてください。

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

永康街とは

MRT「東門駅」より南側に広がる街を指します。

この地域にレストランやスイーツのお店がたくさんありますが、それだけではありません。公園や住宅もあり、街歩きも楽しいです!

金華公園

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

住宅やショップがあるこの地域にある公園です。

南国や木々が茂る感じが、やっぱり日本と違いますね〜。

台北って、結構こういう公園があちこちにありますね。

 

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

公園の向かいには、レストラン・美容院・ショップなどが入る新しい建物がありました。ちょっと高級そうなお店。この辺りはお金持ちが住んでいるのかしら??

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

歩いていて北上していくと、ちょっとデザインの変わったビル。

この周辺は住宅も、集合住宅が多いです。

 

好公道

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

「好公道の店」と日本語で書いてあります。日本人に人気のお店なんでしょうか?

小籠包と餃子のお店です。

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

やっぱり日本人を呼び込みたいのか、なぜかお店の横にはドラえもんが描かれています。笑

www.taipeinavi.com

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

Duke Rabbit Cafe(兎子公爵)

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

手作りケーキがウリのカフェのようです。

店頭には可愛いぬいぐるみがお出迎えしてくれる、女子を引きつけるようなカフェのようです!

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

店頭に、日本語の看板を見つけましたが、何かおかしい。。。

アジア圏にあるおかしな日本語」の一例。笑

「手作りチーズケーキの店」と書きたいんでしょうね!

www.dukerabbit.me

 

羊毛とおはな

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

その前にご紹介した「Duke Rabbit Cafe」のお隣にあるカフェ。なんと日本語の看板。

やっぱりこの辺りは、日本人観光客をターゲットにしているのでしょうか??

 

と思って帰ってきて調べたら「羊毛とおはな」というアーティストさんのカフェだった!!!

ameblo.jp

 

BARBER'S SELECT

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

思わずこの看板に引き寄せられて、写真を撮ってしまいました。最後の晩餐風の絵になっていて、かっこいい!

どうも床屋とカフェが合体したような店舗のようです。

https://www.facebook.com/a0223583353/

 

公園も日本とはちょっと違う!?

永康公園

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

公園でイベントが行われるようで、準備中でした。

日本でイベントでこのようなプラスチックのイスを用いることは少ないですし、何と言っても、真っ赤!!!

一体なんのイベントが行われるのでしょうか???

 

新旧のカフェやショップをまわるなら「永康街」周辺へ@台北

テントはいたって普通なのですが。。。笑

わかりにくいですが、台湾を含め東南アジアなどでも運動器具が公園に設置されているケースが多いですね。

日本では遊具はあっても、運動器具が置いてあるところは少ないですよね。

 

台湾の名物 牛肉麺!!@台北

台湾に行った時、必ず食べたいものの1つに牛肉麺も入っています。

人より「肉好き!」ということでもないのですが、台湾の牛肉麺のようなものって日本のラーメンにはないんですよね。

どうも私は台湾の料理の「五香粉」なのか、「八角」のみなのかわからないけれど、この独特な香りが大好きで、この国にいる間に食べておきたいと行く度に思います。

 

雙連駅近くのぎ牛肉麺のお店

台湾の名物 牛肉麺!!@台北

真っ赤な看板で、すぐわかります!

ちょっとファストフード店のようなライトなお店なので、入りやすいと思いますよ!

 

台湾の名物 牛肉麺!!@台北

お店に入ると壁に貼ってありますが、注文の仕方は

  1. お店に入って席を取る
  2. 入り口(外側)のカウンターでオーダーをしてお金を支払う
  3. 店内に戻り、席で出てくるのを待つ
  4. 注文したものが出て来たら食べる!

 

蕃茄牛肉麵

台湾の名物 牛肉麺!!@台北

こちらはトマト入り牛肉麺

真っ赤で辛そうに見えますが、トマトが入っているので赤いだけで、全く辛味はありません。

むしろトマトが入っているので、さっぱりと食べられます。

女性向けかもしれません!!

 

ここのお店、いろんなコンテストで金賞を取ったことがあるそうです。

比較的入りやすいお店だったのに、結構味自慢なお店だったとは!!

www.olddon.com.tw

 

確かに美味しいお店です。

麺も細すぎず、コシがあり食べ応えがあります。

180台湾ドル(約720円)。

 

三寶牛肉麵

台湾の名物 牛肉麺!!@台北

こちらは牛モツの麺。

こちらはトマト麺に比べ、ガッツリな感じ。

モツも生臭さはなく、食べやすくなっているので、こちらもオススメ!

250台湾ドル(約1,000円)と、麺料理1杯の価格としては台湾ではいい価格ですが一度食べてみるといいですね!

 

老董牛肉細粉麺店 雙連旗艦捷運店

所在地:台北市民生西路35號
営業時間:10:00〜22:00

www.olddon.com.tw

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

今、台湾ではリノベーションブーム!

  1. リフォームと比べて大規模な建物の改修のこと。本項で詳述する。
  2. 英語のrenovationは建物の改修のこと。英語でreformは改宗、心を入れ替えるという意味で建物の改修の意味には使われない。

リノベーション - Wikipediaより

古き良き台湾の建物を壊して新しい建物を作るのではなく、古い建物の基本はそのまま使って、内部や建具(ドアや窓)などを新しくして、「古いけど新しい」建物を作り出して、付加価値をつけています。

日本でも古民家を改造してカフェにしたりしていますよね。

 

「迪化街」という街

元々は乾物、漢方薬、布の問屋街だったようです。

20世紀初めの日本統治時代は、かなり栄えた場所だったようです。

ですが、時代とともに当時の繁栄が少し冷めてきて辞めてしまうお店なども出てきて、そこへここ最近の台湾のリノベーションブームが来て、

レンガ作りの趣のある建物

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

木製の美しい手の込んだ細工のされた扉と古い文字を使った看板

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

入り口に貼ってあるのは「お札」なのか、そういうもの1つ1つが素敵なエッセンスになっています。

 

住所表示とお線香

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

住所表記されたものは公のものかもしれませんが、この古く汚れた感じと台湾や香港の街では当たり前の、この街角のお線香は、仏教の信仰心と生活が密着している証拠かもしれませんね。

 

今どきのサッシの店先ですが、立派な看板

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

お店の入り口は、何の変哲も無い(と言っては失礼ですが・・・)サッシの引き戸の扉ですが、その上には、立派な看板!お店の歴史を感じられますね。

 

新しい消防署も街に馴染むデザインに

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

こちらは消防署。比較的新しい建物に見えますが、街に馴染むレンガ色の建物になっていて、公共機関もまちづくりに協力しているのがわかります。

 

昔ながらの乾物屋さん

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

市場か??と思うようなサイズの袋に入った「干し椎茸」。小売もしているようで、手前の方には小さいサイズの袋。

小さいサイズと言っても、スーパーマーケットで売っていれば間違いなく「お徳用」なサイズですけどね。キクラゲなどがありました。

 

工夫されたイマドキカフェ

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

実は、この手前の水のように見える画像、プロジェクションマッピングのように映し出された映像なんです。

まるでモダンアートのギャラリーに来たみたいです!

 

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

こちらはカフェ。

作りや店内の家具は台湾の古き良き・・・な感じなのですが、新しいので明るい感じで若い人や外国人でも入りやすい店構えです。

 

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

新しい建物ではあるのですが、古い様式を使って作られているので、街と馴染んでいてステキです!

 

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

漢方薬やお茶のお店が軒を連ねる場所です。

黄色に赤文字という、なんとも中華っぽい看板ですよね!

 

籠やさん

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

竹を使ったカゴバッグやざる、ビニール製のバッグなどもあり、時間がなくてゆっくり見られなかったのですが、結構ステキなものもあったので、次回はゆっくり見に行きたい!!

夏用のカゴバッグ、リーズナブルに入手できるかも!?

 

 

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

ここも乾物屋さん。

袋や筒状の入れ物に入った茶色いものは乾燥した貝柱。

手前にあるのはナッツやドライフルーツ。

あまり小さい単位だと買えないですが、台湾の重さのサイズが「1斤(600g)」が基準で考えられるみたいなのですが、「半斤(300g)」とかでも売ってくれるので、買って帰るのもいいかも!

 

香港の乾物屋さんでもそうでしたが、産地によって値段も違うようです。

やっぱり日本産はお高いんだとか。

霞海城隍廟

お寺自体の撮影はできませんでしたが、こんなものを見つけました。

新旧の台湾を見られる街「迪化街」@台北

いわゆる「山車」だと思われます。

日本のお祭りに使われる「山車」とは随分違いますね。

街を歩くと、色々発見があって面白い!!!

 

迪化街

www.travel.taipei

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

台北にはいくつかの大きなお寺があります。

日本人には以前行った「龍山寺」が一番有名かな?と思いますが、こちらの「行天宮」も有名なお寺の一つです。

chiyo045.hatenablog.com

 

台湾の仏教寺院は、日本とはちょっと違います。

 

行天宮とは?

行天宮(ぎょうてんぐう)は、台湾の台北市中山区に位置する関帝廟。多いときで1日に2万人以上が訪れるとされる、台北地域でも人気の高い寺院・観光地のひとつである。

行天宮 - Wikipediaより

関帝廟とは、横浜中華街にもありますが、関帝関羽)を祀るお寺のことです。

関帝廟は商売が繁盛するようにと華僑の人たちが海外にも建てたので、日本を含めた中国以外の国にもあるようです。

ということは、この行天宮も商売繁盛を祈願するお寺ということなので、是非行かなくては!と行ってみました。

行天宮の入り口

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

お寺の敷地の入り口なのに、こんなに派手!笑

土曜日だからか、参拝客多かったです。しゃべっている言葉を聞く限り、現地の人っぽい人が多かったですね。

 

参拝の前にすること

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

日本では神社で同じようなことをするので、あまり抵抗がないと思いますが、参拝前にこちらで手を洗います。

手洗い場の前に、鏡があるのですが「洗心」「問心」と書いてあります。

手を洗い、身を清め、仏の前にいく心構えをしてから行きなさいということなのでしょうか!?

 

水飲み場

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

この紙の袋が紙コップの代わりです。

  • 讀好書(いい本を読む)
  • 說好話(いい言葉を使う)
  • 行好事(いい行いをする)
  • 做好人(善良な人になる)

 と書いてあります。いわゆる「教え」のようなものでしょう。

 

お寺の中へ入る

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

入って右側をみるとこのように青い法衣を着たボランティアの女性たちがお経を読んでいます。

この対面(左側)に、本殿があります。

 

本殿前は行列

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

たくさんの人たちが並んでいます。

なんだかわかりませんでしたが、並んでみることに。

並んでいると、青い法衣のボランティアの方がお線香を持って、お祓いをしてくれます。どんなご利益かわかりませんが、私もやってもらいました。

 

本殿

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

中央の本殿です。

関帝関羽)が鎮座しています。

ここではお参りの順序があります。

1番目:先ほどのお経を読んでいるボランティアの方がいる方を向いて祈祷

2番目:本殿中央で祈祷

3番目:本殿右側で祈祷

4番目:本殿左側で祈祷

と4回祈りを捧げます。

 

台湾のお参りは日本のお参りと違い、膝をつくイスのようなものがあり、そこへ跪いてお祈りをします。

最後はそこからも降りて頭を下げますが、男性は手のひらを下に、女性は手のひらを上に向けてお参りをします。

 

同じ仏教と言っても、Chinese Styleとはお参りの仕方が随分違います。

このお寺では、ちゃんとお参りの仕方が本殿の前にパネルで紹介されていますし、私が行った時には日本語のわかるボランティアさんがそのパネルの前で説明してくれました。

 

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

日本のお寺でいうと境内というのでしょうか。

本殿の前には正面からは入れなくなっています。

これが正面。

 

景観円石

商売の神を祀るお寺「行天宮」@台北

この石、パワーストーンらしく触りながら祈ると願いが叶うらしいですが、その意味を知ったのは帰国してから。汗

とりあえず触って来たからヨシとする!?笑

 

 

行天宮

所在地:台北市中山區民權東路二段109號
    MRT中和新蘆線「行天宮駅」徒歩3分

行天宮五大志業網 / HSING TIAN KONG

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

この日は暑い!暑い!暑い!

さらに中華のお好み焼き「天津葱抓餅」を食べた後だったので、さらに暑さ倍増でした。笑

chiyo045.hatenablog.com

 

「天津葱抓餅」のお店から2〜3ブロックしか離れていないお店に、また入ってしまった!この「永康街」にはこんなお店があちこちにあるのです!!

 

マンゴーかき氷屋さん

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

芒果とはマンゴーのこと。基本、マンゴーかき氷屋さん、多少オプションはあるけど、皆さんマンゴーかき氷を食べています。

店頭で注文して、お金を払います。

そして店内へ。店員さんが席を指定してくれます。

 

場合によっては相席になることもあります。

 

番号札の番号が表示されたら取りに行く

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

サービスはファストフード店並みに「セルフ」です。

番号札にある番号が表示されたら、カウンターまで取りに行きます。

なので、自分の番号が表示されるまで気をつけて見ていてください。

おしゃべりに夢中になったり、ガイドブックを熟読していると、見過ごしてしまいますから!!

 

この日はすごい混みようでした。

だけど、日本人の多さには驚きました。

テーブルに座ると、右側に座っていた人も左側に座っていた人も日本人でした。笑

 さて、私たちの番号が表示されたので、Let's Try!

新鮮芒果牛奶冰
Original Fresh Mango Ice with Milk

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

コレよ、コレ!

氷の上にゴロゴロとマンゴーの果肉とマンゴーピューレ、その上から練乳!

最後にマンゴーシャーベットが乗っているという「これでもか〜」な一品。

 

こちらは200台湾ドル(約800円)。日本だったらこれだけ果肉が乗って、大きいかき氷、全然驚かない金額だけど、台湾では観光地値段と思ってしまいます。

日本だったら、こんな大きいものを食べたら、お腹が冷えてしまって・・・と避けて通りますが、暑かったのも助けられ、8〜9割くらいは食べられましたが、最後まで食べきることが出来ませんでした。。。

 

 

新鮮綜果水果雪花冰
Fresh Fruit Mix Snow Ice

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

一緒に行ったダンナ様が注文したのは、ミルクで出来た氷にマンゴー、キウイ、イチゴの果肉とソースがかかって、てっぺんにマンゴーシャーベットが乗ったもの。

こちらも200台湾ドル(約800円)

これが、ミルクの氷がフワフワでス〜っとなくなってしまって、同じ大きさのお皿に盛り付けてきたのですが、気がついたらダンナ様は完食していました。

 

私たちは1人1つ注文しましたが、中には2人で1つ、3人で2つという人たちも多く、1人で食べきれないというのが普通だったのか???汗

 

だけど日本ではお腹が冷える!と思って敬遠しているマンゴーかき氷を堪能できてよかった!!

 

暑い台湾では「マンゴーかき氷」は食べないとでしょ!?@台北

そういえば、お店の前の通りに、こんな車止め(?)が歩道にオブジェとしてはいちされていたのは、ちょっと面白いですね。

台北の街の中には、アートがあちこちにあって楽しいです!!

 

 

芒果皇帝

所在地:台北市大安區永康街2巷2之1號

en.kingmango.com.tw

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

台北で最近盛り上がりのある「永康街

最近古い建物を新しくリノベーションしてショップをオープンするお店が多く見られる街「永康街」なのですが、特に注目を集めていて、地元の人・環境客が多く集まる地域です。

人が集まれば、食べるものだって売れる!

ということで、やっぱり台湾といえばB級グルメの宝庫。

 

なにやら人がたくさん並んでいるところがあるじゃないですか!

どこの国でも並ぶところのものって、食べてみたくなりますよね。笑

お店の外まで、なにやらいい香り。

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

「天津葱抓餅」と書いてあります。

鉄板で焼いているものを覗くと、どうもお好み焼きっぽい。

 

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

店員さんの足元には大量の卵。。。

いや、気になる。

 

汗だくで焼くおばちゃん

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

英語・日本語・韓国語での表記メニューがあり、助かります!

私は「玉米蛋(とうもろこし+卵)」を注文!

40台湾ドル(約160円)!!

やっぱり台湾のB級グルメは安〜い。

 

この時、多分気温が30度近くだったのですが、とにかくたくさん焼いていて、熱気もすごい。並んでいる人たちも日傘をさしたりする天候だったのに、アッツアツのコレを待つわけです。

 

 

天津葱抓餅

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

キターーーーーーーーーー!

このような紙袋に入れて渡されるのですが、熱い!!

写真では普通に持っていますが、この後、持っていられなくてタオルに包んで食べました。笑

食べた感じはお好み焼きっぽい。

だけど中は少しフワっとしていて柔らかい食感は、日本のお好み焼きとはちょっと違うかな!?

 

そこに、とうもろこしが入っているため気をつけないと、熱々のとうもろこしが飛び出してくるのでヤケドに注意!

お好み焼きに馴染みのある日本人には、受け入れられやすい食べ物だと思います!!

 

台湾のB級グルメ「天津葱抓餅」は中華のお好み焼き!@台北

ほら、こんなに行列ができています。

行列に並ぶ人も暑そう。

多分手前に置いてあるプラスチックボトルのは、マヨネーズ??

これだけ人気なら、こんなのすぐになくなっちゃうだろうな。。。笑

 

 

 

誠記越南麵食館(天津葱抓餅)

所在地:台湾台北永康街6巷1号
最寄駅:MRT中和新蘆線 東門駅

 

食べログ台湾

tabelog.com